グループ経営管理システム
BizForecastシリーズの導入事例

YAMAGATA株式会社 様

YAMAGATA株式会社 様

以前まではExcelを用いて収集していたのですが、会社の意向で全面的にExcel以外のツールへ移行することになりました。しかし、社内ではツール移行後も複数の表計算ソフトを用いて入力が行われていたため、集計を担当していた経理の負担が非常に大きいものでした。そのため、経理の負担を軽減し、かつ一元管理のできる集計システムを探し始めました。

NTA TRAVEL SINGAPORE PTE., LTD. 様

NTA TRAVEL SINGAPORE PTE., LTD. 様

経理担当者としてシンガポール現地スタッフを登用しているため、離職によるリスクを潜在的に抱えており、業務の標準化及び継続性の確保が大きな課題でした。そのような状況の中、インドネシアの現地法人をM&Aで子会社化し作業ボリュームが急激に増大したため、システムによる効率化の検討を始めました。

株式会社静岡産業社 様

株式会社静岡産業社 様

従来は、各営業所が作成したExcelを共有フォルダ上で収集し、集計用のExcelにデータを手入力していました。予算編成業務の担当者変更が契機となり、脱属人化や業務の効率化を図るべくシステム導入の検討を開始しました。

サムシングホールディングス株式会社 様

サムシングホールディングス株式会社 様

当社では従来、Excelを使用して連結決算業務を行っていました。1つのExcelにシートを足していく運用でシート間の連携が複雑になっていたため、分析作業に時間がかかっていました。さらに、数式が難しくその読解作業にも時間を要していました。在外子会社との取引が増加し、Excel管理が難しくなってきたため、連結会計システムの導入の検討を始めました。

オプテックスグループ株式会社 様

オプテックスグループ株式会社 様

従来は、子会社からExcelで収集したパッケージを集計用のExcelに手入力で転記していました。Excelはデータの蓄積や加工がしにくく不便と感じており、5年程前からシステム導入の検討はしていましたが、Excelの柔軟さを手放すことやパッケージのフォーマットを変更することに抵抗があり、実現には至っておりませんでした。しかし、毎年の様に子会社が増えてきたことや、集計用Excelが壊れたことがあり共有化せずに利用していたため、複数人で使用できないなど、非効率であったことからシステムの導入を決めました。

加賀電子株式会社 様

加賀電子株式会社 様

従来使用していたシステムの保守サポートの方向が変わり、制度会計において毎年の法制度対応が難しくなったことがきっかけです。決算業務の効率化及び管理コストの削減(決算期の残業削減等)を目的に本格的に導入の検討を始めました。

アイカ工業株式会社 様

アイカ工業株式会社 様

従来は、子会社各社からExcelで収集した資料を、連結会計業務に携わるメンバーが手でシステムに入力し集約する必要があり、非常に手間がかかっておりました。また、分析作業においても、従来使用していたツールでは精算表を確認するにあたり子会社を1社ずつ選択するしかなく、Excelの収集パッケージと精算表を比較するのが困難でした。このような理由から、新たな連結会計システムの導入検討を開始しました。

三共生興株式会社 様

三共生興株式会社 様

従来までは、各社が入力したExcelファイルを共有フォルダにて収集し、Excelにて連結決算業務を行っていました。しかし、従来の運用では非常に大変な作業となっていたこともあり、効率化を図るべく、連結会計システムの導入検討を始めました。

東京テアトル株式会社 様

東京テアトル株式会社 様

今まで予算管理はじめ、各事業でExcelを使用して業務を行っていましたが、Excel資料の数が膨大となり、管理やデータ分析が困難となっていました。そこで、Excel資料を管理する手間や、データインプット・アウトプットの効率化を図るためシステム化を決意しました。

株式会社コメ兵 様

株式会社コメ兵 様

従来まで店舗別の予算管理をExcelで行なっていましたが、管理が煩雑になっていたことや、データ連携機能等を利用して、より効率化を図りたいと考え、予算管理システムの検討を始めました。
本格的に検討を開始したのは個別会計システムのリプレイスがきっかけです。

株式会社テクノアソシエ 様

株式会社テクノアソシエ 様

今まで予算管理をExcelで行っていましたが、Excel資料が60~70ファイルほど存在し、子会社間とのやりとりも頻繁にあるため、人力による管理が困難になってきました。管理の手間を減らし、より効率化を図るためシステム化を決意しました。

象印マホービン株式会社 様

象印マホービン株式会社 様

従来まではExcelにて連結決算業務を行っていましたが、個別会計システムのリプレイスを行うことになったため、連結決算業務についても、より効率化を図るべく、システムの検討を始めました。

株式会社ミルボン 様

株式会社ミルボン 様

従来まではExcelによる連結決算業務を行っていたため、Excel管理の問題点が数多く発生していました(例:多数のファイル管理が困難、複数人数の同時作業が不可能、毎月のレポート作成が困難etc.)。
また、在外子会社が増加する予定でしたので、在外子会社をより効率的に管理するためにも、増加する前に連結会計システムの検討を始めました。

電気興業株式会社 様

電気興業株式会社 様

四半期開示やJ-SOXなどへの対応に加え、決算早期化という目標がありました。そのため、一連の連結処理の効率化、会計基準変更への迅速な対応やIT統制強化を図るべく新たな連結会計システムの導入検討を開始しました。

金融商品取引業 B社 様

金融商品取引業 B社 様

これまで、自社開発の連結会計システムを利用してまいりましたが、近年、決算の適正化・早期化が要請されるとともに、会計基準の高度化・複雑化が進み、企業会計を取り巻く環境が大きく変わってきました。

また、国際財務報告基準(IFRS)の全面適用の動向もあり、制度会計への対応のみならず、将来のIFRS適用を見据えたシステム対応の必要性も考慮し、新たな連結会計システムの導入検討を開始しました。

情報・通信業 A社 様

情報・通信業 A社 様

A社様では、これまで他社の連結会計システムパッケージ利用して連結決算業務を行ってきました。
しかし、事業規模に対しシステムが大きい、使いこなせていない機能や不要な機能が多い、また毎年の保守費用等のランニングコストの削減も考慮し、リプレイスの検討を始めました。

玉井商船株式会社 様

玉井商船株式会社 様

玉井商船様では、これまで自作のEXCELにて連結決算業務を行ってきました。
そのため、ファイルが多岐にわたる等、メンテナンスがどうしても属人的になっており、データの整合性のチェックに時間を要していました。

また、内部統制(J-SOX)対応の業務を進めていく中で、過去十数年分のデータファイルの管理・セキュリティーにも不安を感じており、連結会計システム導入の検討を始めました。