イベント・セミナー情報

《3/24開催》まだ間に合う!ESG情報開示の制度設計入門セミナー【(株)ビジネスブレイン太田昭和 主催】

BBS社様での事例を踏まえた開示の実務ステップとそれを支える非財務情報収集基盤「ESGテンプレート」のご紹介

2022年より開示の規則化も予定される等、「ESG」情報の開示圧力は昨今益々強くなり、全ての業種において、ESG情報の適切な把握は、喫緊の課題として認識されています。
一部の先進企業や気候変動に関連性の高い業種では既に取組が行われている一方で、まだ取組みが本格化していない企業も多く見受けられ、以下のようなご相談を多く受けております。

「最低限どういった内容に取り組んで開示すべきか」
「他社ではどのような取り組みを行っているのか」
「マテリアリティやKPIはどのように設定すれば良いか」

BBS社様でもサステナビリティ委員会を立ち上げ、外部の専門家と意見交換しながらESG情報の開示を進めております。
第1部では、ESG情報開示の制度設計のステップと各ステップごとのポイントについて、事例を踏まえてご紹介いたします。
第2部では、ESG情報を含めた非財務情報の統合収集基盤をご紹介します。
またそれを活用してESG情報を効率的に収集・計算する「ESGテンプレート」をご紹介いたします。

これからESG開示の制度設計をお考えの方は是非ご参加ください。

※セミナー終了となります。
お申込み・ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

セミナー概要

開催日 2022年3月24日(木)
時間 13:00~14:00
会場 Webでのライブ配信とさせていただきます。
ご参加者様のパソコンからアクセスの上、ご参加ください。
配信ツール:Zoom/Teams
※お申込み後に視聴用リンクをお送りいたします。
主催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
参加対象者 ESG情報の開示に悩まれている方
ESG等の非財務情報マネジメントの高度化を検討されている方
(サスティナビリティ推進部門やIR部門、経営企画部、経理部の方)
※同業・競合他社様、コンサルティング会社の方の参加はお断りさせていただきます。予めご了承ください。
定員 100名
参加費 無料

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。

1.ESG開示の導入の進め方のポイント(25分)

「ESG」というワードを紙面で見ない日は無い、という程の盛り上がりを見せており、特に開示要請への対応は、喫緊の課題として認識されています。

ESG情報開示の最新動向を確認しつつ、ESG情報開示の制度設計のステップと各ステップごとのポイントについて、事例を踏まえてご紹介いたします。

・ESG開示の最新動向
・ESG開示の実務導入ステップ(当社事例を踏まえて)

<講師>
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
ビジネスコンサルティング事業部
システムコンサルティング部 
部長 公認会計士 高橋 功氏
2.ESG情報を含めた統合データ収集基盤と「ESGテンプレート」のご紹介 (30分)

ESGに代表される非財務情報の開示が強く要請される中で、必要な情報は業務ごとに点在し、それを支えるアプリケーションも乱立しています。経営者や開示担当者はそれらをかき集めて、現状把握やプレゼンテーションを行わなければなりません。

当社では「財務・非財務のデータ統合」及びそのデータを収集・集計するための「業務プロセス自体をその統合基盤上へ集約」することで、組織・業務の分断を解消し、経営の舵取りの高速化を支援してまいりました。

経営管理システム「BizForecast」は元より財務情報に限定しない財務・非財務の統合データ収集基盤をコンセプトとしており、今後予定される開示規則や各社独自の管理・開示に合わせた設定を行うことができ、ESG情報を含めた統合報告書の作成も容易に行うことが可能です。

またScope3を含めたCo2輩出量の自動計算等のノウハウを詰め込んだ「ESGテンプレート」も最後にご紹介いたします。

・経営管理システム「BizForecast」のご紹介
・活用事例
・ESGテンプレートのご紹介

<講師>
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
ビジネスコンサルティング事業部
システムコンサルティング部
マネージャー 八束 祐輝氏