お知らせ

連結会計システム「Conglue(コングルー)」の製品版(Ver1.0)リリースのお知らせ

お知らせ

このたび弊社は、会社設立当初より開発を続けてまいりました連結会計システム「Conglue(コングルー)」の製品版をリリースいたしましたので、お知らせします。
当製品は、内部統制報告制度の運用や、今後のIFRS(国際財務報告基準)導入の流れを見据えながら設計・開発を進めてまいりました。業務(処理)の可視化とリスクコントロールを意識しながらも、ユーザビリティや処理速度を最大限に追求した高品質なシステムを、ご満足いただける価格にてご提供いたします。

特長1 収集から連結処理、レポーティングまでトータルサポート

Conglueでは、連結システムにおいて極めて重要な役割を担うグループ会社データの収集から、各種連結処理及びレポーティングに至るまで、一つのシステム内で完結して処理を行うことができます。

特長2 高いユーザビリティと突出した処理パフォーマンスの両立

Conglueは、先進的なアーキテクチャの利用とプライマル独自の工夫により、ドラッグ&ドロップ操作による各種設定を始め、優れた操作性を実現しています。マルチタブ方式、高機能なグリッド及びスプレッドシートコントロールの採用等により、作業効率が大幅に向上するはずです。
また、システムの根幹であるデータベース処理部分の徹底的なブラッシュアップにより、突出した処理パフォーマンスを実現しています。

特長3 グループ全体の連結のみでなくサブ連結にも対応

グループ内に複数の上場会社が存在する場合でも、グループ一括での収集業務を実現します。
各子会社・孫会社がConglueシステム内で収集パッケージに報告データを一度入力しておけば、各親会社は一元管理されたグループ内のデータを、必要な部分だけ切り出して連結処理することができます。
さらに、各社のデータへのアクセス制御により、グループ外の会社からの処理結果の閲覧や編集を制御することも可能です。

>>製品詳細はこちら