グループ経営管理システム
BizForecastシリーズの導入事例

YAMAGATA株式会社 様

YAMAGATA株式会社 様
社名 YAMAGATA株式会社
設立 1906年6月
資本金 55百万円 ※2018年3月時点
事業内容 商業印刷、翻訳、コンテンツ制作等
ウェブサイトURL https://yamagata-corp.jp/

導入までの経緯

以前まではExcelを用いて収集していたのですが、会社の意向で全面的にExcel以外のツールへ移行することになりました。しかし、社内ではツール移行後も複数の表計算ソフトを用いて入力が行われていたため、集計を担当していた経理の負担が非常に大きいものでした。そのため、経理の負担を軽減し、かつ一元管理のできる集計システムを探し始めました。

選定理由

複数の予算管理システムを比較・検討した結果、以下のポイントでBizForecastを選定しました。

1.Excelライクな画面で入力作業が出来るため、従来とほぼ変わらない運用が可能である点
2.Excelと近似した操作のため、システム化による入力ユーザーの負担が少ない点
3.提案時の営業の説明が分かりやすく、かつシステムのイメージが湧きやすかった点

導入検討に際し、複数社からお話を伺いました。現在の運用を変えずにシステムを導入したいという思いが強かったため、選定時は入力ユーザーの負担が少ないシステムであることが必須条件でした。BizForecastの提案を受けた際、Excelライクな画面、かつExcelと近似した操作が可能なため、システム化による入力ユーザーの負担が小さいと感じました。このような理由からBizForecastを採用しました。

導入の効果

従来は、役員会で報告するために、経理部がPL表を作成していました。各事業所の責任者は、役員会を通して毎月の結果を把握していたため、リアルタイムで状況を把握することが困難でした。しかし、BizForecast上でPLデータを収集することが出来るようになったため、役員会を待たずに、各事業所の責任者は会社全体の中での数字をダイレクトに知ることが可能となりました。さらに、リアルタイムで数値を把握出来るようになったことにより、自発的に事業所内でフィードバックを行うことが出来るようになりました。BizForecast導入後、毎月1週間程早くフィードバックが行えるようになったと感じています。また、以前までは、比較的複雑な事業計画を管理部が集計、スケジュール管理していました。現在は、BizForecastを利用し事業計画を行っているため、集計等が自動化され、かつ、人為的ミスが減ったことにより、以前よりも1ヶ月は作業短縮出来るのではないかと考えています。
導入は、コーチング(プライマル社のコンサルタントの方々にシステムに関する操作説明やアドバイスを頂く)形式で行いました。社内のメンバーが主体となって設定作業を行うため、社内の業務を基に作成したフォーマットをそのままシステム化出来るか不安でした。しかし、BizForecastはシステム的な制約がほとんどないため、本当にそのままシステム化することが出来ました。組織変更や他システムとのコード連携もあったため社内調整に苦労した部分もありましたが、プライマル社のコンサルタントの方々が細かい部分までとても丁寧にサポートして下さったので、円満に運用開始することが出来ました。最後まで丁寧に対応して頂いたことは今でも感謝しています。

今後の展開

BizForecast導入後、社内から現在よりも多くの情報をBizForecastで収集したいという声が上がっています。今後はコンサルタントの方々にアドバイスを頂きながら、海外のPLや組織別の目標管理等、より多くのデータをBizForecastで収集出来るようにしていきたいと考えています。


※本事例は2018年9月現在の内容です。
※本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載当時のものであり、変更されている可能性があります。
※掲載企業様への直接のご連絡はお控えください。