IR|開示・
IR支援ソリューション

概要・特長

「BizForecast IR」は、BizForecastシリーズ(Coreモジュールなど)をご利用いただいている企業様の中でも、上場企業様および継続開示企業様向けに提供する、開示・IRを支援する機能モジュールです。
BizForecastシリーズで連結決算や各種管理会計プロセスのシステム化を実現している企業様におかれましては、この「BizForecast IR」をご利用いただくことで、有価証券報告書(四半期報告書)や決算短信、計算書類等それぞれに応じた粒度の開示科目へのいわゆる組み替えプロセスや、定性情報を含む注記などの各種データ収集プロセスや加工プロセスなども含めて、BizForecast上で一元管理が可能になります。

システム概要

BizForecastシリーズは下図の決算財務報告プロセスの内、「単体決算」(財務会計・税務申告などを含む)を除く一連の業務プロセスをサポートすることを目指して開発を進めているシステム・ソリューションであり、「BizForecast IR」は外部報告目的の開示情報の収集や加工・出力、一元管理を支援するモジュール(機能群)です。
BizForecastシリーズのデータ収集モジュールや連結決算、管理会計モジュールと組み合わせてご利用いただくことで、開示業務プロセスを効率化し、正確性の向上を図ることが可能になります。

システム概要

機能概要

財務諸表の開示組替処理

マスタ|勘定科目-開示科目組替設定

1. マスタ|開示科目組替設定

連結精算表(単体試算表)の勘定科目と、開示財務諸表科目の粒度変換・紐づけ設定を行うための機能画面です。
連結用と単体用、有価証券報告書(四半期報告書)用と計算書類用など、複数の開示科目体系と粒度変換・紐付け設定を保持することが可能です。

2. 表示組替仕訳登録・開示組替精算表

予め設定した粒度変換・紐付け設定に従って、試算表・精算表ベースの科目から開示財務諸表まで組替プロセスを精算表形式で表示・確認することが可能です。
また、組替後の開示科目ベースでの表示組替仕訳を登録することも可能です。

開示精算表・表示組替仕訳
開示組替表(レポート)

3. 開示組替表(レポート)

試算表・精算表ベースの科目から開示レベルの科目への粒度変換プロセス、表示組替仕訳や組替後の金額に至る一連のプロセスが確認可能な「開示組替表(レポート)」がExcel形式で出力可能です。
また、証券印刷会社様などが提供する各種開示支援システム向けの連携データを、それぞれの仕様・レイアウトに即したCSV形式やExcel形式で出力することも可能です。

開示共有科目

財務諸表以外の定性情報(文字情報)を含む注記等のデータについても「開示共有科目」としてツリー構造で一元管理することが可能です。
開示共有科目として管理するデータについては、任意のレポート(帳票)の、任意の場所に出力することが可能であり、複雑な構造の報告書類を作成することができます。

開示組替表(レポート)