FC|連結決算・連結会計ソリューション

機能概要

連結決算における各プロセスを一括管理

BizForecast FCは、データ収集~連結処理~レポーティングまでが一連の決算業務と考え、これらをシームレスに統合した連結決算・連結会計ソリューションとなります。
データ収集・連結処理・レポーティングにおいて利用する「会社コード・会社体系」や「科目コード・科目体系」が一元管理されているため、マスタのメンテナンス性が高く、業務変更に対する柔軟な対応が可能になります。

連結決算における各プロセスを一括管理

データ収集
(Input)

お客様の実態に合ったデータ収集業務を実現
  • オンライン収集(BizForecastFCクライアント・Webクライアント)
  • オフライン収集(Excel・CSVファイル等)
  • 個別会計システム連携
  • Click-Onceによるアプリケーション配布・自動更新により、グループ各社への収集ツールの展開も容易
データ収集のワークフロー設計・収集進捗状況管理
  • 多段階のデータ承認プロセス、任意のワークフローを設定し、各社データの収集進捗状況をリアルタイムでモニタリング可能
収集データの整合性チェック
  • 任意のデータ間整合性チェック用の関数を設定可能

連結処理
(Process)

多様な連結決算ニーズに対応可能
  • 柔軟なマスタ構造・システム設計のため、今後の制度変更や業務変更にも柔軟に対応可能
  • 高いユーザビリティ・処理パフォーマンス、リアルタイム精算処理によってストレスなく連結決算業務を進めることが可能
  • 無制限のセグメント階層設定
  • サブ連結(複数の連結範囲)対応
ドリルダウン分析
  • 連結精算表、CF精算表からそれぞれの仕訳明細までドリルダウン可能
複数業務の並行運用
  • 制度、管理(月次実績・予算・予想等)それぞれの連結会計業務について、マスタや仕訳データを共通利用しながら並行運用可能
  • 事前に登録したスケジュールに従った、複数処理の一括実行が可能
その他
  • 仕訳承認機能
  • 仕訳テンプレート機能
  • 粒度変換データコンバート機能
  • 多言語対応

レポーティング・分析
(Output)

レポーティング
〈固定帳票〉
  • 監査対応、内部統制を意識した、見やすくて、かつ監査証跡としても有用な内容・レイアウトの固定帳票を用意
〈ユーザー設計帳票〉
  • データ収集~連結処理まで、あらゆるデータを自在にレポーティング
  • 簡単操作で任意の様式のレポートデザインが可能
業績評価・情報共有
  • 収集機能まで一体となっているため、グループ各社へ連結調整後の数値をフィードバックすることで、統一基準での業績評価及び情報共有が可能

多様なデータ収集方式に対応

連結決算早期化・効率化を図るための重要な課題の一つがグループ各社からのデータ収集業務です。各グループ会社の立地やネットワークインフラ等により、最適なデータ入力・収集環境は様々です。
BizForecast FCでは、グループ各社の様々なインフラ環境に応じた混在のワークフロー・承認プロセスによる最適な収集業務を構築することが可能です。

多様なデータ収集方式に対応

収集機能を一体化

BizForecastFCに収集機能を包含することにより、会社マスタや科目マスタの一元管理が可能です。会社や科目の追加・削除時に、収集パッケージ側のマスタも同期します。

外部システム(ERP)とのデータ連携

外部システム(ERP)とのデータ連携
収集進捗管理画面

ワークフローとステータス管理

各社のデータ報告状況をリアルタイムに把握します。また、データ収集業務における報告ルートや承認プロセスにかかる柔軟なワークフロー設定が可能です。

リアルタイム収集・照合

収集パッケージをメールでやり取りすることによるタイムラグやセキュリティ上の問題が解消されます。また、グループ会社のデータ入力状態をモニタリングしたり、相手先データを参照しながら自社データを入力することが出来ます。

報告データの精度向上

各グループ会社からの報告データ間の整合性を検証するためのチェック関数を任意に設定することにより、収集データの精度向上を図ることが可能です。
また、データ間チェック用の関数は、ワークシート関数と同様の感覚で設定可能なため、収集データの追加や修正に伴うチェックロジックの変更をストレスなく行うことが出来ます。
使い慣れているExcelを利用する感覚で使用できるため、従来の作業内容と大きく変わることもありません。

報告データの精度向上
柔軟かつ容易な収集パッケージデザイン

柔軟かつ容易な収集パッケージデザイン

制度や業務の変更に伴う収集パッケージのレイアウト変更について、Excelを編集する感覚で、項目の追加・削除やチェック関数の追加・変更が可能です。BizForecastFCでは収集~連結処理に至るまで、科目や会社等のマスタを一元管理しているため、親会社側で行ったマスタ変更を即時に収集パッケージ側に反映させることも可能です。

Webクライアントによる運用

データ入力(確認)・レポート出力・承認は、Internet Explorer 等のWebブラウザでの操作が可能です。Webブラウザ上にExcelライクな画面を表示し、Excelと近似した操作で情報入力が出来ます。もちろん、金額以外の数値や比率、文字データも自在に収集可能です。
BizForecastFCは、クライアントへのインストールが不要なため、PC端末の状況を正確に把握する事が難しい海外拠点からも有効的にデータを収集することが可能となります。

多様な連結決算ニーズに対応

多様な連結決算ニーズに対応

複数業務の並行運用

BizForecastFCは、拡張性の高いマスタ構造(システム設計)を有しています。そのため、制度・予算・月次実績といった複数業務について、必要に応じてマスタ構造および仕訳データを共通利用しながら並行運用することが可能です。

複数業務の並行運用

処理プロセスの可視化

ブラックボックスになりがちな内部取引消去等の自動仕訳系の機能について、必要な各種設定を行った後、自動仕訳作成処理実行前に予め処理結果を確認することが可能です。必要に応じて確認画面上でデータ修正を行ってから自動仕訳処理を実行する、プレプルーフ(事前確認)方式を採用しました。

サブ連結対応

連結グループ内に、複数の(サブ)連結グループが含まれる場合、どの連結グループの親会社を基点にするかにより持分比率や、会社の区分の認識が変わります。BizForecastFCでは、グループ内のどの基点会社から見ても内容の変わらない仕訳データと、そうでない仕訳データを区分管理しています(例:少数按分仕訳は親会社が相違すると、按分比率も相違する場合があります)。連結精算表等の機能において、基点となる会社を選択することにより、同一データソースからサブ連結数値の集計・分析も効率的に行うことができます。

連結処理/機能一覧

連結処理
資本連結
  • 比率算定
  • 投資と資本の当期異動分にかかる処理(自動/マニュアル仕訳)
  • 当期利益按分・配当消去にかかる処理(自動/マニュアル仕訳)
  • のれん(投資差額)にかかる処理(自動/マニュアル仕訳)
  • 債務超過時補正処理(自動/マニュアル仕訳)
内部取引消去
  • 取引通貨別突合
  • 自動仕訳・マニュアル仕訳(個別修正/連結修正)
貸倒引当金調整
未実現利益消去
  • 棚卸資産未実現にかかる処理(自動/マニュアル仕訳)
  • 固定資産未実現にかかる処理(自動/マニュアル仕訳)
    (減価償却自動計算、減損等にかかる処理を含む)

いずれも、自動仕訳・マニュアル仕訳に対応する開始仕訳、連結税効果仕訳、少数株主持分調整仕訳を含む

個別処理(個別財務諸表)
  • 個別修正仕訳
  • 外貨換算
キャッシュ・フロー
  • 連結および個別キャッシュ・フロー計算書作成
    • 原則法・簡便法いずれも対応
    • 直観的な操作によるCF振替設定およびCF計算書作成処理
その他共通機能
  • 仕訳承認機能
  • 仕訳インポート・エクスポート機能
  • 仕訳テンプレート機能
  • ドリルダウン分析(連結精算表・CF精算表 etc.)
  • セグメント情報作成 etc.

ユーザビリティの追求

BizForecastFCのマスタメンテナンスや連結精算表、仕訳一覧等の画面に配置されている表形式のグリッドコントロールは、Excelを使用する感覚でフィルターやサブ集計・レイアウト変更を可能としています。そのため、Excelやその他ツールに出力することなく、画面上で様々な分析や検証を行うことが可能です。また、マルチタブ方式を採用しており、画面を行き来することによるストレスを軽減するとともに、複数画面を縦・横自在に配置し明細データと集計データを確認する、処理実行前・実行後のデータを比較する、といったことも容易に可能となります。

ドリルダウン分析

連結精算表(CF精算表)から、あるいは各種自動仕訳モジュール画面から、それぞれの仕訳明細までドリルダウンが可能で、仕訳データを修正すると即時に連結精算表等に反映されます。

ドリルダウン分析
セグメント(ビジネスユニット)処理・分析

セグメント(ビジネスユニット)処理・分析

業種・業態・規模等により、求められるセグメント情報は多種多様であり、昨今の経営環境も今までにないスピードで変化し、セグメント分析の視点も常に変化します。BizForecastFCでは、そういった多種多様なセグメントを複数の角度から分析できるような設定が可能です。また、柔軟なマスタ構造およびユーザビリティの高さを保有しているため、セグメント分析の視点の変更に対しても迅速な対応が可能です。
BIツール等で表現することが難しいセグメント内・間判定と段階集計をリアルタイムに処理します。一部データを修正した場合でも、連結精算値とセグメント数値が同期します。

データコンバート機能(粒度変換)

複数の連結決算業務を並行運用する場合、業務毎に科目や会社の粒度が異なることがあります。BizForecastFCでは、業務間あるいは同一業務内でのデータ相互利用をスムーズに行うため、科目・会社(セグメント)等の粒度変換機能を備えたデータコンバート機能を提供します。

多言語対応

BizForecastFCは、収集機能を標準搭載しているため、海外のグループ企業のご担当者様にもご利用いただくことを前提に、全ての機能画面およびレポーティングパッケージで多言語対応しています。日本語・英語・中国語については標準対応しており、必要に応じてその他の言語についても拡張可能です。

内部統制対応機能

所属グループ会社毎、ユーザー種類毎に柔軟な権限設定が可能です。例えば、子会社担当者は自身の会社のデータのみ閲覧・編集が可能で、取引関係のある親会社を含むグループ会社のデータは閲覧のみ可能、といった設定が出来ます。
その他、仕訳承認機能や詳細な操作ログの閲覧・出力等、内部統制に資する機能を提供します。

データ一括処理

事前に登録したスケジュールに従って、一括処理が実行可能です。予算業務等で、12ヵ月分の処理を一括で順次実行する際等に使用します。

データインポート・エクスポート

CSV形式の仕訳データのインポート・エクスポートが可能となっており、スプレッドシート上での範囲指定による仕訳インポートもサポートしています。

キャッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー計算書の作成方法について、原則法・簡便法いずれも対応しており、ドラッグ&ドロップ操作によって直感的にキャッシュ・フロー振替設定が出来ます。
また、外資ベースのキャッシュ・フロー計算書、グループ各社の個別キャッシュ・フロー計算書も作成可能です。

CF計算書設定画面

CF計算書設定画面

固定帳票:CF精算表

固定帳票:CF精算表