シリーズ概要

BizForecastが選ばれる理由

予算策定の上流プロセスをシステム化対象範囲に含めることが可能であること

予算策定など経営管理/管理会計の業務において「売上高」や「売上原価」等については勘定科目単位ではなく、事業単位、商品・サービス別、販売チャネル・店舗・エリア別、プロジェクト別・案件別など、業種・業態や事業・経営方針に応じた管理セグメント明細単位で立案し、実績と比較・データ分析することになります。この管理セグメントの切り口が各社各様であり、明細単位のインプット画面・レポートレイアウトの仕様を標準化することが難しいことから、予算策定の上流プロセスは独自仕様のExcelやスクラッチ開発システムで運用されていることが多いのが実情です。
せっかく予算管理システムを導入しても、この予算策定の上流プロセスがExcel業務のまま残ってしまっては、例えば複数拠点に毎月配布&回収する大量のExcelファイルの管理面の課題(入力側で勝手に数式やフォーマットを変更されてしまう、ファイルサーバ上の大量のExcelデータ、どれが最新版か判別しづらい・・など)は解消されません。
BizForecastは、会計勘定科目ベースだけでなく、上流の明細(商品/サービスや案件、人的資源や設備)単位の計画策定から予算実績比較・データ分析まで幅広くカバーすることが可能なシステムであり、勘定科目ベースのみの予実管理ツールや、データ分析に特化したツールに対して優位性があります。

BizForecast運用前

資料収集に関する課題

  • 各関係者とのメールベースでの送配信で手間がかかる
  • メールベースの送配信はセキュリティ上の問題を抱えている
  • 進捗状況をリアルタイムで把握出来ない
  • 各部署と調整作業等の後、最新データが分からなくなる
  • 過去データを利用して、二次資料を作成する手間がかかる

データ管理・集計に
関する課題

  • せっかく苦労して集めたデータの蓄積ができておらず、データ管理が煩雑になっている
  • 管理方法が属人的になっており、データ収集方法に一貫性がなく、元データを探すのに手間がかかることや、人事異動がリスク要因になっている
  • 自動集計するためのマクロを組むために別の工数が発生している

レポーティングに関する課題

  • 収集したデータを貼りつけたり、マクロを組む等、資料作成作業に負荷がかかっている
  • 自社のニーズに合ったオリジナルの帳票やデザイン開発は高額で手が出ない
  • 様々な分析資料を作成したいが、データ管理・集計作業が忙しく、資料作成する時間を確保できない
矢印

BizForecast運用後

リアルタイムで資料収集の
状況確認が可能です

ワークフロー管理画面で各担当者の作業ステータスを一元管理。資料受領を待たずして、リアルタイムで入力状況などをウォッチすることも出来ます。各関係者への配布はもちろん、承認、否認等のアクションもワンボタン。メールでの資料のやり取りが一切なくなり、パスワードの後続送付などの煩わしい作業も必要なくなる他、セキュリティも担保されます。

データベース
一元管理が可能です

データを受け取ってからも、煩雑な作業は終わりではありません。収集したエクセルブックを各フォルダに格納、格納したデータを1つ1つ開いて集計用シートにデータを移していく…データベース一元管理のBizForecastならそんな作業は一切なくなります。
BizForecastは一度入力したデータはDBに格納され、任意の出力箇所にデータ反映します。

アウトプット資料は
容易に作成が可能です

二次入力は手間な上に、人為的な入力ミスに起因する手戻り作業などの負担が発生します。
また、自社のニーズにマッチしたアウトプットをシステム的に用意するのは、手間もお金もかかりますが、BizForecastはお客様自身でレポートをデザイン・設計することが可能で、設定方法は収集パッケージの作成方法と同様。操作性に一貫性を持たせており、メンテナンスが容易です。